クレアちゃん

e0125264_2228553.jpg

「大きな、ビーグルですね」
「いえ、バセットハウンドです」なんて、通ぶっていえるようになったのは、
つい最近のこと、私も最初はビーグルと思ってた。

珍しい犬種みたいで、イベントに行く度に、詳しそうな方から、質問攻めにあった。
当然、私の犬ではないので適当にしか答えられなかったが、なんだか優越感があった。

うちのステップワゴンに乗って、よくイベントに行った。
最初は、おりこうに後ろの席に座っているのだが、すぐに運転席と助手席の間に入ってきた。
ちょうどクレアの幅とシートの隙間がピッタリだった、その上にバーニーが乗っかったりして、
大騒ぎしてよく出かけた。
途中でクレアが「クゥーン、クゥーン」って鳴いた。
私は「なんて鳴いてるの?」って訊いたら、「楽しいことが判ってると鳴くんですよ!」
確かに、ドッグランでボール投げする時も、ボールが待ち遠しくて「クゥーン」って鳴いてた。

真剣に走ると、ちょうどバーニーと同じくらいの速さだったので、よく一緒にボール投げした。
でも、いつも最後は、クレアの体当たり攻撃で負けていた。あっという間にボールはボロボロになったけど、
とても楽しかった。

まだ、6歳の若さで逝くのは、早すぎるんじゃないかな?残された皆も理解が出来ないみたいで、
布団で寝ているクレアを一生懸命なめたりして、起そうとしていた。

いつも遊んでいた、安らぎの森で火葬してもらうことにした。

家を出る時にクレアを抱き上げた時、言うはず無いんだけど「クゥーン」って鳴いたそうです。
それは、虹の橋の先に楽しいことがあるのがわかってるからなんだろうか?
リードを引いていても、いっつも先に行こうとしてたけど、ちょっと早すぎかな?
バーニーとオイラも、いつかそっへ行くからまっててね。オイラの昔のバーニーと遊んでいてね。

いままで、本当にありがとう。     クレアちゃん・・・・
[PR]
by super_nakata | 2011-03-04 22:32 | 2代目バーニー大先生 | Comments(0)