カテゴリ:フェラーリ308GTS( 32 )

トルクロッドブッシュ

前々からやらねばと思っていたが、そんなことを思うと、すべてをやらなければいけなくなるので、ずーっと無視し続けていたが、FLMCのセールのちらしが届いて、これなら買ってもいいかなと思ったのが、トルクロッドブッシュ。こんなもの絶対なんかで流用してみせると思っていたが、私も少し大人になったのか、ちゃんと買ってみた。
e0125264_15441116.jpg
e0125264_15442527.jpg

こんなにボロボロだった。真ん中のカラーは完全に抜けていた。
新しいのをプレスで入れる。たわいも無いことでした。
e0125264_15455430.jpg

組み付け後、やってみればなんてこと無いんですけど、結構いい値段で売ってるんですよね!
e0125264_15472697.jpg

[PR]
by super_nakata | 2011-06-27 15:48 | フェラーリ308GTS | Comments(2)

ルームミラー

30年以上前に設計された308のルームミラーは、事故の時に、ミラーのガラスで顔を切らないように、
脱落式になっている、
これがまた、シートを前に出したりする時に頭に当たったりして、よく落っこちる。
でも、今回はちょっと違った。
ポコン(頭の当たる音) ガチャン、パリーン
とても嫌な音とともにミラーが割れてしまった。

「フェラーリのミラー」なんとなく高そうに思える。
でも、やっぱりただのガラスなので直すことにした。
表は、2ミリの透明のただのガラスで、角度をつけて、奥にミラーが入っている、こんな単純な構造でまぶしくならないんですね。
幸い奥のミラーは割れなかったので、表のガラスだけ切って入れれば終了?
e0125264_1155262.jpg

無残に割れたガラス
今回は、ガラスではなく2ミリのタキロンプレートを使った。ペットボトルからリサイクルされた、エコな商品なのだ!
2ミリもあるので、カッターで何度も切っても、なかなか切れなかった。
めんどくさくなって、「いっそのこと金きりバサミで切ってやれ」と思いきったら、これが簡単に切れた。
e0125264_11554739.jpg

後は紙を剥がしてつけるだけ。
ちょっぴり軽量化にもなるし?もう割れることも無い!傷はつきやすいけど、後5枚くらい作れるほど残っているので、安心です。
e0125264_11583783.jpg

e0125264_11585011.jpg

[PR]
by super_nakata | 2011-06-11 12:02 | フェラーリ308GTS | Comments(4)

まえあがり~の

毎回、色々せこいメンテナンスをやっているわけだが、やりたかったが、今まで手をつけていなかった部分がある。
サスペンション。
オイラの308は、皆が認める前上がり!
これはUSバージョンの重たいフロントバンパーを、FRPのヨーロッパ仕様に交換して、前が軽くなったからと、乗らないとバッテリーが上がるので、すぐにブースターケーブルをつなげられるように、スペアタイヤを外しているためです。
皆さんから「前上がりでかっこ悪い」と言われ続け、早7年
だって、自分的には目をつぶれる範囲だったし、交換したから壊れにくくなるなんてことも無いので、ほおっておいた。
でも実は、フェラーリを買ってすぐにヨーロッパ仕様のサスをヤフオクで買っていたのです。
7年越しに、意を決して、換えてみることにした。
e0125264_2217622.jpg

よく見なくても前上がりな、我がフェラーリ
巷で見るフェラーリは、大体これくらい
e0125264_22181016.jpg

実際に計ると
e0125264_22185234.jpg

かなりあいてます。
買っておいた328前期ようサス
e0125264_22195924.jpg

組み付け前に本当にスプリングが違うか検証、スプリングの太さ一本分くらい低い。
画像のイケメンは、無理やり手伝わせた、しんご君。あえてノーモザイク
e0125264_22221595.jpg

ばねレートも厳密に1Gをかけて計測した。(うそ)
と、あほなことをしている我々を、冷たい視線で見つめる、バーニーさん。
e0125264_22233041.jpg

しんご君いわく、「ヨーロッパ物のほうが、最初に沈みます」
これは、期待できそうだ!
そして装着後
e0125264_222589.jpg

グット下がったの解かりますか?
実際に計測。
e0125264_22255921.jpg

むむむ、まさかの3ミリダウン。
前上がりは続くのだ・・・・・・・(涙)
[PR]
by super_nakata | 2010-12-03 22:34 | フェラーリ308GTS | Comments(2)

リターンホース

ユーエルアクチュエーター交換後、調子よく走っていたわけだが、
今度はリターンホースのところから、クーラントが漏れ出した。
過去にホースの劣化で、穴が開いて漏れたところを、先っちょだけ切ってまた繋いだ覚えのある私は、
もうホースの限界なんだなと思った。
出先だったのだが、ちょうど近くに、友達の整備工場があったので、
「内径8ミリのホース転がってない?」ってきいたら、ちょうどいい感じのが、転がっていたので、
それと交換して帰ろうと思った。
e0125264_20255651.jpg

マセラティのときも大変御世話になった「イイノジコウ」さんhttp://blog.livedoor.jp/iinojikou/
です。何でも気持ちよく治してくれます。
リターンホースを外していたら、飯野さんが「なんか変な感じですよ!」
なんと、ホースの劣化ではなく、本体側のパイプが劣化して根元からポッキリ折れてました。
e0125264_20123870.jpg

私は「なんとかして」とだけ伝えてフェラーリを置いて帰った。
そして飯野さんの、力作たけのこ。
e0125264_20142954.jpg

「これで安心」と思ったのもつかの間、またしてもトラブルが・・・・・
ギブリの章につづくOrz
[PR]
by super_nakata | 2010-11-02 20:17 | フェラーリ308GTS | Comments(2)

フューエルポンプとアキュムレーター

マセラティーのブログで、「始動には儀式がいる」と過去に書いたが、もうフューエルポンプも交換して儀式はいらなくなったのに、今度は、フェラーリが特殊工具のお世話になる羽目になってしまった。
始動は、何てこと無いのに、どこかへ走っていって、「さあ、帰ろう!」って時にエンジンが掛からないのである。
ただ、フェラーリのポンプはとても叩きずらい所にあり、特殊工具にエクステンションをつけないと使えなかった。
しかし今回は、明らかに違う感じがした。どんなに叩いても、温まっている時の再始動が出来ないのだ。
セコイ私はヤフオクで中古のポンプを探したが、ポンプだけなら意外と安く売っていた。
ガラにも無く新品を買った私は、大喜びで取り付けた。
e0125264_1912684.jpg

e0125264_1915070.jpg

ばっちり取り付けて、エンジンをかけると、あっさり掛かった。
大喜びで試し乗りに出かけて、昼ごはんなど食べてたら、大変なことに気がついた。
「今までも、冷えてる時はエンジン掛かるんだった」
お店から出て、エンジンを掛けようもやっぱり掛からない。ヘルプを呼んで牽引で帰ったのが6月の初めだった。
「きっと、フューエルアキュムレータがダメなんだろう」とは思ってはいたが、その後の猛暑続きで、いじる気がしなかった。
ここ数日、涼しかったので、このタイミングを逃したら、もうフェラーリに乗れない気がしたので、久しぶりにジャッキアップした。
e0125264_19163658.jpg

ちゃんと一緒に交換すればよかった、と言うより、ただアクチュエーターの交換だけで良かったんじゃないか、など、色々後悔しながら、何とか交換
e0125264_1918523.jpg

装着後、乗ってみたが、明らかにふけ上がりが違う!
これなら、308ミーティングにいけるかな?

おまけ
修理の間、おりこうさんで特別なゲージでまっていたバーニー先生!
e0125264_19223020.jpg

e0125264_1922535.jpg

[PR]
by super_nakata | 2010-09-25 19:28 | フェラーリ308GTS | Comments(6)

シートリペア その後

谷保天満宮旧車祭で、シートリペアの実演をしてもらったわけだが、リペア前、リペア後がわかるように、向かって左側のショルダー部分のみのリペアだったが、
T・R・I の井上さんから「あのままでは不完全ですので、水曜日に残りを全部やらせてください!」
と、電話があった。なんてプロ根性なんでしょう。
私だったら「あのままだと不完全なので残りを定価でやりますよ、実演したショルダーがタダなんだから、お徳でしょ!」と、後には引けないようにして、ガッツり取ってやろうと企むところだが・・・
e0125264_205745.jpg

前回見にくかった、リペア後のシート
今回は、一部ではなく全部なので、マスキングもフィッシュボーンステッチに。
e0125264_2082054.jpg

一箇所破れている部分もあった。そこは、くっつけて肉盛りするらしい。そこのステッチは、なくなってしまう
e0125264_2095824.jpg

作業工程は前回と同じ
e0125264_20122882.jpg

破れた部分の補修
e0125264_20132975.jpg

肉盛り風景
e0125264_20143557.jpg

専用ドライヤーで熱を加える。この、トータルリペアの皮革用パテは200度でかたまるらしい。
因みに他社のものは300度でかたまるらしく、周りの革が侵されてしまうという。
e0125264_20175427.jpg

アルミプレートで冷やす
e0125264_20183859.jpg

とりあえずこんな形になる
e0125264_20191427.jpg

そこからサンディングして、塗装工程になるが、途中雨が降ってきて、ブルーシートの下での作業を余儀なくされてしまった。ごめんんね井上さん
e0125264_202333.jpg

こんな感じになります
e0125264_20244919.jpg

e0125264_20252590.jpg

もう一度施工前
e0125264_20255579.jpg

本当にありがとうございました。無理言ってやってもらったのに、嫌な顔ひとつせず、なんと
「仕上がりが、自分的に気に入らないので、また今度やりましょう」だって。プロの心意気ですね
この T・R・Iは去年、独立開業したばかりで、これからもっと伸びる仕事だと思います。
レザーの補修は、車のパーツだけではなくソファーなどにも応用できると言う。
これからも、がんばってくださいね。
T・R・I のホームページhttp://tri-kazuyainoue.p-kit.com/
e0125264_2035553.jpg

[PR]
by super_nakata | 2009-12-16 20:35 | フェラーリ308GTS | Comments(2)

谷保天満宮 旧車祭り

マフラーをとりあえず治したのは、この「谷保天満宮 旧車祭」にエントリーしていたからです
e0125264_17173033.jpg

谷保天満宮の中に約50台のクラッシックカーが集結
e0125264_17191310.jpg

e0125264_17195673.jpg

しかもこのイベント、参加費無料の上弁当までつきます!(凄い)
e0125264_17214328.jpg

普段スーパーカーのイベントだと308は端っこのほうで小さくなってるんですが、
此処ではなぜか人だかりが!
e0125264_17233439.jpg

e0125264_17242745.jpg

会場内で、トータルリペアーを営む井上さんと知り合いになることができた。
「そんな、出来上がった椅子を置いとくんじゃなくて、どれかの車で、実演でもしたら」
と言う、私の悪魔の誘いに、井上さんは快く実演してくれました。
彼のHPはこちら(T・R・I 井上さん)http://tri-kazuyainoue.p-kit.com/
まずは皮の表面のクリーニング
e0125264_17283522.jpg

e0125264_17301012.jpg

その次はサンディング。表面の硬くなった部分を削るんですって。
e0125264_17363210.jpg

そして、下地剤を塗り
e0125264_17382860.jpg

塗装!これでサイドの部分終了、違い解かりますか?
e0125264_1740593.jpg

その後パレードだったので、「後日残りをやりにきてくれる」と約束してくれました。
なんて、いい人なんでしょう。
パレードは国立市内をちょこっと回ります
e0125264_17443262.jpg

パレードが3時からと結構遅いスタートだったので、バーニーさん、もう、ふてくされです
e0125264_1746052.jpg

[PR]
by super_nakata | 2009-12-14 17:47 | フェラーリ308GTS | Comments(4)

マフラーその後

助っ人のH君に来てもらって、せこく押さえながら、路上で溶接して、何とか形になった。
e0125264_2131357.jpg

後は塗装をして
e0125264_214088.jpg

遠くから見たらかなり良い感じ
残すは、後ろ側のステーなんだが、いいものを見つけた。
チャリンコのスタンドのスプリング。これなら適度にテンションが掛かり、なんといっても、ちょこっと穴を開ければ終了なのだ。しかもタダ同然!
e0125264_2171760.jpg

e0125264_2173665.jpg

なんともお見せしたくない、せこい内容でした。
バックパネルをつけるとこんな感じ。
e0125264_2184624.jpg

本物のアンサの音を聞いたことはありませんがでしたが、少し静かになって、前より少し落ち着いた音になりました。
また壊れたら、作ります。
[PR]
by super_nakata | 2009-12-07 21:16 | フェラーリ308GTS | Comments(3)

マフラー逝きました。

とうとうマフラーが逝ってしまいました。
マフラーの中の仕切り板などの溶接が外れて、とんでもないエキゾーストノートになってしまいました。
でも、そうなったのは、今年の5月ころ、
「錆びてガラガラ言うんだから、きっともう少しほっといたら、中の仕切り板なんかが、もっと錆びて、粉々になって排気されて治るんじゃないかな?」と思って、早6ヶ月が過ぎた。
しかしながら一向に治る?気配はなかった。
何とかしなくては、いけないと思ったが、値段を調べてびっくり!30万円もするではないか!「これじゃあ今のマフラーを切開手術で、中身を摘出するしかないか」と、思っていたら、ヤフオクにありました。
「308QV用ジャンクマフラー!」
「なんてすばらしい響き、まさに私のためにあるような商品!」
でも、私のは、2Vのインジェクションモデル、ちょっと違うのである。
「どうせ、ジャンクなんだし、切り刻んでくっつけちゃえ!」って、またしても心の中の悪魔が、思いっきり叫んだ!
e0125264_20314415.jpg

e0125264_2032850.jpg

e0125264_20454115.jpg

エキゾーストの入り方がちょっと違う!?取り付けステーも無いし!
エアーソーでがんがん切るも、らちが明かなかったので、以前ラジエターサブタンクでお世話になったSAOテクニカルサービスさんにアセチレンで切っていただくことに。
お茶目な私のアイデアに喜んで切りまくってくれました。
e0125264_20363254.jpg

e0125264_2036529.jpg

「ほんとにいいの?ほんとにいいの?っていいながら切っていただきました。ありがとうございました。
使うほうのパイプは、まっすぐ切りたかったので、エアーソーで、
途中で歯がダメになったので、急遽ダイソーへ
まさにダイSAW。この青いブレード使えますよ!(ほかのは、すぐダメになりました。)
e0125264_20402057.jpg

あとは、車体につけて、あわせながら溶接するだけ!って
オイラなめてました。
色々、ぜんぜん合わないし、一人で押さえながら溶接できないし!
ジャッキと、ハンガーで固定しまくり
e0125264_20424835.jpg

e0125264_2043611.jpg

でも、やっぱりうまくいかなかったので、明日助っ人を呼びます(涙)
[PR]
by super_nakata | 2009-12-02 20:47 | フェラーリ308GTS | Comments(4)

Youtube

マイミクのIG○さんの308が始動困難だと言う記事があったので、私なりに、何かお手伝いできないかと思い、ヤホーで「308始動不能」などの言葉を入れていたら、
なぜかYoutubeに「スバルvsFerrari」なんて投稿に引っかかった。
このブログをはじめたときに、ちょこっと紹介したのだが、YoutubeにUPされているとはしらなんだ!
全世界で、我がフェラーリの情けない姿が見られてました(泣)
ちなみに初の動画貼り付け

[PR]
by super_nakata | 2009-05-08 22:35 | フェラーリ308GTS | Comments(2)