カテゴリ:マセラティギブリII( 34 )

奇跡の固体Ⅱ

やっぱりレッカーで帰る羽目になったギブリさん。
ブレーキが抜けた原因をレッカーが到着するまで探ってみたが
マスターシリンダからの漏れはない、ホース類からの漏れもなく、キャリパーも大丈夫・・・・

おかしい!もう壊れる部分なんて無いぞと思ったらデフの上のところからポタポタ漏れてました
e0125264_204462.jpg

マフラーの分かれ目の棒の部分、まさかのプロポーショニングバルブ、
固着は聞いたことあっても、こんなにボタボタ垂れるほど漏れるのは見たことが無かった。
e0125264_206534.jpg

外してびっくり!ガッツリ割れてます。
e0125264_207421.jpg

それで、中身が飛び出して、逝ってしまったのです。

もし、一般道で急ブレーキかけたときに割れたら、絶対に死にますね、

在庫があればほしかったので、コーンズさんに電話して、プロポーショニングバルブが割れた旨を告げると、とても丁寧に「古いので、いたし方ありませんね(笑)」と言われた(汗)
しかも、国内在庫ゼロ!イタリアにはあるそうで、注文すると早くて2週間掛かるそうで、この手のパーツの供給も早くなったとほめるべきなんでしょうか?

私は、いやみをこめて、「もし注文たら、また同じ、割れるのが来ますか?割れないように対策されたものは無いのですか?」と聞いたが、同じものと言う結果だった。
e0125264_20174295.jpg

割れたシリンダはBENDIX製、同じものは、なんとなく買いたくなかった。
しかもいつ来るのかわからないし、国内で中古など無いか調べまくったが、何処にもなかったし、
「そんなの壊れるんですか?」って逆に質問されたりもした。

私は買うのを諦めて、鉄なんだから溶接できないか、考えた。
近所のSAOテクニカルサービスに相談に行ったら、
溶接できる鋳鉄と出来ない鋳鉄があると教えてくれた。
ねずみ鋳鉄と言う、かわいらしい名前の鋳鉄は、溶接すると割れてしまうらしい
反対に、ダクタイル鋳鉄なら、溶接は可能だと言う。
ラッキーなことにBEDIXはダクタイル鋳鉄だった。
しかしSAOさんは、「俺が溶接して、もし取れて死んでも責任は取らないぞ!」と言う約束のもと溶接してくれました。
e0125264_2027726.jpg

まずは全体を加熱する
e0125264_2028199.jpg

何箇所か仮付けしてからTIG溶接でぐるっと回す、
念のため2週回してくれた。
e0125264_2030582.jpg

ビードがシリンダの中に入って中が少し盛り上がってしまったので、リューターで削って整える

なんども何度も「ホントに死んでも知らないよ、とりあえずの車検通すだけだよ、今のうちに新品オーダー入れとけよ」と言われた。そして見事に出来上がったシリンダ
e0125264_20331768.jpg

おいくらですか?とたずねたら「これで金とって、お前が死んだら、俺のせいみたいに言われるのやだから、いらない、お前の遊びに付き合ってやったんだ!」ってなんて男前なんでしょう!

これで車検に持っていけると思いながら、何気にフィアットランチャメンバーズクラブのHPを見ていたら、
悔しくて隅から隅まで見倒した、にっくきBENDIXにそっくりなPバルブが処分特価コーナーに出ていた。
しかしそれは、ランチャデルタエボリューションモデルのもので、メーカーもボッシュだった。
土曜日の夜中に発見したので翌日の朝一番で電話してみたところ
「今日は、日曜日なのでお休みですが、なんだか尋常じゃないオーラ見たいのを感じて、思わず電話に出ちゃいました。」ってオーナー
Pバルブが割れて、捜している旨、溶接して、これから装着する旨を熱く語ったら、
「そんなに似てるなら明日現物持ってきたら、比べさせてあげますよ!」って言ってくれたので、翌日、ソッコーで行って見た。
e0125264_20502110.jpg

見事に同じ形状、しかもボッシュならなんとなく製品も良さそう。
その場で購入して、早速陸運局へ
陸事の方々、当然皆さん覚えていてくれて、再検査の手数料を払って受付に行ったら、「此間ブレーキパンクした人でしょ、ライン最後までやってないんだから前回の分で、タダでいいよ」
ってなんてラッキーなんでしょう(笑)

検査コースに並ぶと皆さん覚えていてくれて、寄ってきてくれたので、Pバルブが割れた旨を説明したら、「国産車だったら、とんでもないリコールだね(笑)!」って、外車でもとんでもないことだと思うのは私だけでしょうか?

もうやることはやったので落ちるとは思わなかったが下回りやら色々、いろんな方々にジックリ見られての合格になりました
e0125264_20595963.jpg

後ろに見えるのは、がっつり見てくれた検査員の見習いさんたちの行進!

それでも、本当に一般道で壊れたら死んでしまうのが、陸事のなかで壊れたり、処分特価で見つけたり、色々な皆様にお世話になって、また2年間公道を走れるのです。
奇跡の壊れ方、軌跡のめぐり合わせ、まさに奇跡の固体だと思いませんか?
[PR]
by super_nakata | 2013-04-14 21:12 | マセラティギブリII | Comments(0)

奇跡の固体

よく、奇跡の固体なんて物凄く程度の良い車に使ったりするが、今回のギブリさんは別の意味で奇跡の固体と言えるのではないだろうか?

2013年4月に自賠責保険の値上げがあり、乗用車は11.6%の値上げになった。24ヶ月¥24950が¥27840になってしまった。

実は、私のギブリ、去年車検が切れて、そのまま放置状態だったのだが、この約¥3000の値上げは、「今、此処で車検を取らないと物凄く高いものにつく」と思わせた。

前回の車検から、そんなに載ってないしそのまま行けば大丈夫だろうと、高を括っっていた。

車検当日あいにくの雨だったが、よくイベントごとは雨にたたられるので何も感じなかったが、電気系の確認をしていたらフォグランプが点かなくなっていた。
フォグの配線を確認するより、フォグを外しちゃったほうが簡単と判断したが、
ギブリは、まず此処に罠がある。

ウインカーアッシーを外さなくては成らないのだが、ウインカーレンズを止めているボルトが透明のプラスティックボルトになっていて、外すときに大体折れる。
折れるだけなら良いが、ボルト部分がナット側に残ってオーナーをあせらせるのである。普通の人は残ったプラスティックに細い穴を開けて細い木ネジで対処する。
きっと10年くらい前の私でもそうしたと思う。
e0125264_1848537.jpg

たぶんギブリ載りなら知ってると思いますが、こうやります。
折れ残ったところをバーナーであぶると!
e0125264_1849577.jpg

まるで生きているかのように、中身がニョキニョキでてきます
e0125264_1852183.jpg

後は、さざえのつぼ焼きみたいにピックで回しながら取るだけ。

此処までは想定内の車検整備、

陸運局について鼻歌交じりでラインにならんで灯火類チェック、サイドスリップ
車高が低いの警告が点く!
「いつもの事だ、俺が降りれば、9センチ以上ある」と楽勝だったが、

計ってくれた検査員さん、「降りた状態で8センチしかありませんよ!」

なにー、載って無いうちにばねがヘタっていました。

とりあえず車検は、そこで諦めて、秘密のタイヤ屋さんに協力を求め、何とか9センチまで上がった。
e0125264_1902739.jpg

でも、陸事まで行く間にちょっとでも下がったらアウトなので、念のため、リアの空気をパンパンにして行った。

当然、検査員の方も覚えていて、「じゃあ、もう一度計りましょう、・・・9.1センチですね大丈夫です」
こうなりゃもう受かったも同然だ!と勢いのついた私はサイドスリップとブレーキ検査へとすすんだ。

フロント〇リア×これは雨の中リアの空気をたくさん入れたので、ローラーが滑って左右差が出たのだろう、想定内だ、ブレーキは一度ダメでも「もう一度」と表示されもう一度検査できる、

私は、こん身の力でブレーキペダルを踏んだ

ググググ・・・・バキーーーーン・ズボッ・・・・・・


嫌な音とともに、ブレーキペダルが奥に入ったあとスカスカになってしまった。俗に言うブレーキ抜けたである。
尋常じゃない音と呆然としている私に、検査員の方も「どうしたんですか?」と数人駆け寄ってきた。
ブレーキの抜けた旨を話すと、「じゃあしょうがないから、サイドブレーキを使ってゆっくりラインから出ましょう(笑)

検査終了です!

これじゃあ、走れないので、またまた陸事内でレッカーを待つ羽目に
e0125264_8444641.jpg

4年前と同じ光景です

つづく(涙)
[PR]
by super_nakata | 2013-04-14 08:51 | マセラティギブリII | Comments(0)

マセラティフェスティバル、だからガンツー!?

おそいUPになってしまいましたが5月13日はFISCOでマセラティフェスティバルでした。
マセラティフェスティバルだから、チームガンディーニも、お祭りじゃい!ってことで、
なぜかそちらには参加せず、プチガンツーが開催され、今回も呼んでいただきました。
今回はバーニーさんとQooちゃんとで参加。
目的地は、山中湖 ほうとう専門店小作
オイラは中央道近くなので、東名回りでは行かず、ひとり現地集合。
でも今回は、ちょっと寄って見たい所があった。
談合坂サービスエリア下り。ドッグランが出来たんです。
e0125264_19474223.jpg

中は、ウッドチップが敷き詰められており、大型犬、小型犬に分かれている。
それで、いいのがこれ、バイオトイレ完備。ウン〇を捨てていけるんです。ビニールなどは分別、隣のゴミ箱へ。
e0125264_19502523.jpg

そして、あっという間に山中湖。皆さんもう到着していましたが、お店の開店が11:00からなのでしばし近所を散策。ちなみに隣はドッグカフェ、こちらも11:00開店
e0125264_19532588.jpg

e0125264_19534710.jpg

皆さんスワンに乗っているとのことで、桟橋で合流
なぜか、スワンに威嚇されるバーニー親子(ホントに白鳥がヴーッて言う)
e0125264_1956186.jpg

ほうとうを食べ終えると中央道でサーッと帰る。
久しぶりに見る、シャマル、ギブリ、カリフ、QPの変態(編隊)に見とれながら、あっという間に談合坂サービスエリア
e0125264_19593547.jpg

私達は、この後圏央道なので、此処でさよなら
参加の皆様今回もありがとうございました。
また呼んでくださいね。
[PR]
by super_nakata | 2012-05-19 20:04 | マセラティギブリII | Comments(2)

222の洗礼

とりあえずエンジンが掛かるようになった222
夜8:30になると近所のスーパーが、惣菜など半額になるので、今回は222で買いに行って見ようと思った。
家を出て、500メートルほど走ったら、急にエンジンが止まった!
「まあ、マセならしょうがない」と思ってスターターを回すも、まったく掛かる気配がしない!
フューエルポンプをポクポクしてもまったくダメだ!
諦めて、仲間を呼んで「牽引でスーパーに惣菜を買いに行ってくれ」と頼んだが家までしか引っ張ってくれなかった。
家に帰って調べたら、フューエルはおろか、火花も飛んでいなかった。
感のいい私は、クランク角センサだと直感した。
ちょうどヤホーで安いクランク角センサが売っていた。「俺のために出品してくれているんだな」と思い落札した。
いつものト〇、ト〇、ト〇なので、すぐに送ってもらった。しかし
とりあえず仮り組してみるも、まったく反応なし!
e0125264_1959336.jpg


これは、まさかのお約束、ヒューズボックス???
e0125264_2051596.jpg

これを全部外して、半田をやり直して、端子をすべて磨き治すってやつです。
中身は、前オーナ、もしくはショップががんばった形跡があった、わざとなのか、ボケなのか?ボディー側につくネジのところが全部もぎ取れていたので、簡単に取れた。もしかすると今度またなってもいいように、簡単に取れるようにしておいてくれた、ショップの気遣いか?
e0125264_2092641.jpg

一生懸命磨いて、防湿グリスをたっぷりかけて、組み治した。
取り付けてみて、クランキングするも、エンジン掛からず、
でも、火花は出るようになった。フューエルポンプがやっぱり動いていない!
ポクポクしてもダメだ!
ためしに切れていなかったフューエルポンプヒューズを換えてみたら、ポンプが動き出した。
ヒューズも不良!
それでも、めでたくまた動くようになった。
念のため古いクランク角センサに付けなおしてみたら、あっさりかかった。(無駄なものを買ってしまったか?)
毎回マセは私を試しているのではないかと思わざるおえない。

惣菜は国産車で買いに行こうと誓った。
[PR]
by super_nakata | 2012-03-11 20:26 | マセラティギブリII | Comments(2)

222SR

しばらく更新をサボってしまった。
チビたちが4ヶ月になったり、ニューイヤーミーティングに行ったりもしたが、すっかりさぼってしまった。
そんなこんなで一ヶ月もサボってしまったのだが、新しいマセラティが仲間入りした!
不動車の222SR
e0125264_19543370.jpg

何が原因で不動になったのか一切判らず、安かったと言う理由だけで買ってしまった。
まあ、最悪、内装も時計も、無くなったホーイールのセンターキャップも使えればラッキーくらいのかんじだった。
しかしエンジンルームを見ると、つい、この間まで、動いていた感が物凄くあるし、ウォーターポンプや、セルモーター、タイミングベルトまでビッカビカ。
これは、もしかしたら復活できるんじゃないかと、貧乏根性に火が点いてしまった。
メインキーをひねってもまったくカチカチと来る感触が無く、しかもクルクルと回ってしまう。
「これはもしかするとキーだけ治せば何とかなるかも」淡い期待に胸を膨らませキーを治した。
バッテリーを繋いでACCにするとインパネのランプ達がついた、ラジオもなる、トランクも開く!なんとフューエルの蓋までちゃんと開く!うちのギブリちゃんよりいいじゃないの!

でも、セルはウンともスンとも言わなかった。セルモーターのリレーまではちゃんと着ている。
新品ぽいセルがダメだ!
摘出手術にかかる。222はギブリと違いインマニを外さなくてもセルが取れるので、チョイチョイだ!(嘘です、アクロバティックな体制で作業するので、結構しんどいです)
で、外したセルがこちら
e0125264_2082462.jpg

マグネティックスイッチからセルに入るリード線が切れてる、よく見ると溶断だ。
セルも焦げ臭い。
おそらく、一折メンテナンスしたのに、キーシリンダが壊れたせいで、セルがオーバーランして燃えて、前オーナーは、もうマセラティに愛想を尽かしたのだろう。

と言うことは、セルだけ換えれば動いちゃうのかな?
セルは色々なものに使われている悪名高き、バレオのD6RA
なんとBMWのバイクにまで使われている。
222はD6RA64SHと書いてあったが、何でも一緒だろう、と適当にヤホーで安いのを買ってつけることにした。
マセラティのD6RAは¥30,000位シトロエン、プジョーで¥15,000位、オペルヴィータだと¥5,000位で買える。迷わずオペルにした。
後は、ギア部分を交換して着けたら終りかと思いきや、アーマチュアの部分のギアの数が違う!
アーマチュアが死んでいるのでオペルのものを使いたいのだがそうなると遊星ギアの枚数も違う!となると飛び込むピニオンギアも違ってしまう!
e0125264_20443557.jpg

e0125264_2045261.jpg

e0125264_20452574.jpg

もっと調べればよかった、と後悔してもしょうがないので、遊星ギアを分解することにした。
と言ってもカシメなので、非分解。
本当に気が引けたが、サンダーでカシメ部分を削りギアを取り替えた。
e0125264_2048740.jpg

後は、得意のアーク溶接!
e0125264_20491100.jpg

そして見事に組みあがった、D6RA
単体で回すと良く回るので、これでヨシと222に装着してみた!見事にクランキングしたが、エンジンは掛からなかった。
がっかりしたが、そういえばギブリさんのときは、昔ゴムハンマーでタンクを叩いてエンジンをかけていたことを思い出した。
222のフューエルポンプはインタンクではなくリアタイヤの奥にむき出しで着いている。なんて親切設計でしょう。
昔使った特殊工具のハンマーでポクポクしたらエンジンが掛かった!
やっぱりマセラティはゴムハンマーですね。
e0125264_20561027.jpg

なんて、どのポンプが共通かググルっている、今日この頃です。
[PR]
by super_nakata | 2012-02-16 09:16 | マセラティギブリII | Comments(11)

マセラティを愛した男

3年前、このB級ブログにコメントをくれた彼、
それから、ちょくちょくコメントをくれて、
「今度ツーリングに行きませんか?」ってコメントをくれて、
始めて逢ったのが、大雨のガンツー。
彼は「幹事」の腕章をしており、とても楽しそうに、そして何よりも輝いていた。
この会に集まっているメンバーも、みんな彼を中心に輝いていた。
それ以来、私とバーニーはガンツーに参加している。

パッと集合して、サーッと走って、ガブッと食べて、チャポンと浸かり、アッという間に解散するツーリングなのに、
なぜかメチャクチャ心ときめいて、横に並ぶと「ニヤッ」としたりして、
まるで、走っている間も、会話しているかの様だった。
それもこれも、すべて彼がみんなを集めて、彼の元に集まっているからなんだと思った。

佐倉に18:00に集合って、彼に逢いに行くんだから、当然ギブリ。
「途中、なにかあって、故障でもしたら到着しないかもしれない」とは思わなかった。
マセラティで行くことこそ、彼への礼儀だと思った。

当然、皆さんマセラティで集まった。
彼は一人現地入りしていて、ホールには、ピカピカのギブリが横付けされていた。
ホールの中には、レストアが終わったばかりの黄色のベスパが置いてあった。
「今度はベスパで走るんですよ」って笑顔で言っていたのは、つい此間のガンツー。

一つ違っていたのは、彼が箱の中で眠っていたこと。
彼の枕元には、マセラティのTシャツやらグッズがびっしり並べられていて、
まるで、貰ったプレゼントがうれしくて、枕元に並べて眠る少年のようだった。

きっと夢の中でもギブリで走っているんだろうなと、みんなが想像できた。

奥様と、お父様から、とても丁寧なお礼を頂いた。

本当は、お礼を言わなければいけないのは自分たちで、しかもいい歳の大人なのに、言葉が詰まって、ただただ、会釈する事しかできなかった。

「同じ車に乗っている」と言うだけで、こんなにも悲しく、幼馴染がいなくなったかのようにポッカリと穴が開いたようだった。

いままで、本当にありがとう。名幹事のeijiさん

あなたのことは絶対忘れない・・・・マセラティを愛した男
[PR]
by super_nakata | 2011-10-08 20:11 | マセラティギブリII | Comments(2)

ガンガン ガンツー2011夏!

今回で11回目になるガンツー!私は途中からの参加ですが、だんだん盛り上がりを見せ、
全国のマセラティ乗りの憧れのイベントになって行った(かな?)
今回は、バーニー先生が御懐妊のため、参加できなかったが、今回も色々と暑(熱)かった。
集合場所の蓮田SAが、改装工事で狭かったのと、色々なツアラーたちで一杯だった。
e0125264_11453319.jpg

5周年記念ということで、プロカメラマンによる撮影!
e0125264_11463472.jpg

カワサキ軍団
e0125264_1147887.jpg

久々にシャマル君カリフ君に会えたが今回はバーニー先生がお休み。
e0125264_11481047.jpg

ドラミも程ほどに船場亭を目指す。東北道を埋め尽くす、マセラティ
e0125264_11491613.jpg

大沢IC近くのローソンで
e0125264_11512172.jpg

杉並木を超えて
e0125264_11515114.jpg

船場亭へ
e0125264_11523270.jpg

今まで気がつかなかったが、自動製綱機なるものがあった、
e0125264_11551276.jpg

e0125264_11553629.jpg

MAGUNIのバイクで来ている方がいました。しぶ~い!
e0125264_11572142.jpg

そして、温泉で
e0125264_1158960.jpg

ササーッと大谷PAまで、ここで解散です。
e0125264_1159179.jpg

そして、此処からがガンツーの真骨頂!フリーラン!
が!しかしイタリアンスーパーカーの集団を警察が見逃すわけは無かった!
e0125264_1213192.jpg

一斉検挙かと思ったが、きっと東北帰りなんでしょうね!お疲れ様です。

今回も無事に帰って来れました。
ガンツー参加の皆様 ありがとうございました。
そして幹事のeiji様、おつかれさまでした。ガンツーパワーでパワーチャージしてくださいね。

おまけ
誰にもバレないクオリティーだったセンターキャップ。ダイハツムーヴ用にマジックで書いていったもの。そしてマタニティーカット?のバーニー先生、イタグレ仕様!?
e0125264_1273710.jpg

[PR]
by super_nakata | 2011-09-12 12:11 | マセラティギブリII | Comments(13)

おわかりになられていました。

夏!マセラティ!と、くれば、「日光、鮎ガンディーニツーリング」です。
今年も呼んでいただきました。
ガンツーに向けて、ギブリさんの調子を見つつ、午前中は立川に行って、
書類の提出を終えて、帰路に着いた。
帰りにもう一軒よらねばいけない場所があったので、立ち寄るも、そこの家は細い路地の奥にあり、軽自動車でもちょっと気を使うような道だった。

ほんの気の緩みか、縁石にホイルをちょこっとこすってしまった。

直ちに降りて、ホイルをチェックするも、さほどたいしたことは無かった。
たいしたことは無いけど、タイヤはひび割れが結構あったので、今回のガンツーで、このタイヤは終わりかなと思った。
出来れば交換してから行きたいものだが、毎回タイヤ屋さんにいい中古のタイヤがあれば、取っておいて貰っているので、「あれば交換していくかな」くらいの気持ちだった。
その場所から5キロほど走ったところで、なんだかサイドブレーキを引きずっているような感覚になった。
やばい、何かあるぞ!
すぐにひどくなり、これはアカンと思って、近くにあった、黄色の帽子のカー用品店の駐車場に入って確認した。
e0125264_203838100.jpg

すでに、タイヤが終わってました。
e0125264_20393347.jpg

e0125264_20533316.jpg

ちょうどタイヤ屋さんだからいいかと思ったが、こんなサイズ普通在庫はない。
いつものタイヤ屋さんに電話すると、

「あーっ、つい、この間テスタロッサの前輪で使っちゃったよ!でも、ちょうど2本だけ新品で在庫があるよ!」

オイラは「テスタに乗ってる奴が中古のタイヤなんか履いてんじゃあねえぞ!」と心の底から叫びたかったが、
きっと黄色の帽子の店員さんは「マセラティのくせに中古で探してんじゃあねえぞ!」って思っているに違いないと思ったので、
泣きながら「そのタイヤ頂きます」と電話を切った。
ギブリはスペアタイヤが無いので、自分の保険のレッカー車を呼ぶことに。

日新火災のレッカーサービスは、保険期間内2回まで無料で来てくれます。
そして30キロまで無料です(やっと保険屋ブログ見たくなってきました)

残念なことに、保険継続をした翌日でした。(あと1年で1回しか呼べない)
タイヤ屋さんで外したタイヤがこれ
e0125264_20522134.jpg

完璧に切れちゃってました。
ギブリさん、自ら悪いところを事前に教えてくれました。
こんなタイヤで参加してたら、絶対にリタイアですね。
ギブリさんは、やる気満々です!
今回もガンツー参加予定なんですが、バーニーさんが此間、交配したんですけど、もし出来てれば2ヶ月で産まれちゃうんです!どうしよう、日光で出産か?!
[PR]
by super_nakata | 2011-08-03 21:09 | マセラティギブリII | Comments(2)

ガンツー!鴨!晴れ!

今年も「ガンツー鴨」に呼んでいただいた。
ただ、私事が色々あって、参加できそうにもなかった。
でも、やっぱり行きたかったので、ドタ参という形で参加した。
朝6時に出発メーターに灯る赤ランプは、外が0℃以下だというランプ、点くって事は、センサーが壊れてないって事。
e0125264_20284267.jpg

幕張パーキングにはもうたくさんのガンディーニマセたちが、
此処からは、デジイチの登場です。
e0125264_2030247.jpg
e0125264_20303916.jpg

ドラミをしようとしていると、なんと警察が来た!
何でも、暴走族がたむろしているらしいが、あたりを見渡しても、それらしき車やバイクは無い!
あるのはガンディーニマセのみ・・・・・・警察の方にも「我々ではありません」と言ったのだが、果たして信用してるだろうか?
そんなこともあったので、そこそこ大人しめに走る
e0125264_20392174.jpg

酒々井パーキングで休憩
e0125264_20401959.jpg

そこから、あっという間に、かりんの湯に到着
e0125264_20413690.jpg

そして、鴨すきの「才兵衛」なぜかピンがあまい
e0125264_20432183.jpg

駐車場はさながら、マセラティ中古車センター
e0125264_20442311.jpg

なんとなく通っぽいフェンダーの撮り方、レーシングシャマルとギブリ
e0125264_20452890.jpg

ギブリとクワトロポルテ
e0125264_20462892.jpg

此処から、サーッと帰ります。通っぽい撮り方2
e0125264_20474028.jpg

帰りは、大栄パーキングで休憩、此処で流れ解散
e0125264_20484989.jpg

バーニーと思いっきり遊んでくれた、Macopooさんのお子さん、ありがとうね!
今回ノーメンテだったので心配だったが、何とか無事に帰ってこれました。
参加の皆さん。お疲れ様でした、そしてドタ参してしまい幹事の方々にもご迷惑をおかけいたしました。
すみませんでした。また、懲りずにお誘いくださいマセ
e0125264_20521128.jpg

[PR]
by super_nakata | 2011-03-06 20:24 | マセラティギブリII | Comments(13)

インタンク用フューエルホース

ギブリが動かなくなって、色々調べると、ちゃんとインタンク用フューエルホース売ってました。
インタークーラーパイプで御世話になった、キノクニさん。
e0125264_2311286.jpg

つけるにあたり、中にボロボロ崩れたボースの残骸を取り除こうとしたら、ゴムが完璧に溶けて、マジックで落書きしたようになった。
e0125264_23132610.jpg

こんなに解けるんだから、あのフューエルストレーナーの黒いのは解けたゴムだったのだろうか?
e0125264_23143676.jpg

ただ、色々調べると、ここ最近のECOブームで、ガソリンの添加剤が、だいぶかわってきているみたいで、
必ずしも、今までのようには行かないようですね、
もしかすると、たぶん、マセも、ちゃんとインタンク用ホースだったのかもしれない。
キノクニのホースがずーっと持ってくれることに期待します。
e0125264_23183491.jpg

とにかく、また、動くようになりました。よかった!
[PR]
by super_nakata | 2010-11-18 23:20 | マセラティギブリII | Comments(3)